マンション・不動産売却価格・相場の考え方

マンションなど不動産の売却で悩ましいのが価格でしょう。

個別性が非常に強い資産であるため、価格の判断がとても難しく、合理的な判断手法はありません。

最終的には売り主と買い主が合意すれば、良い取引だったと言えるのです。

同じ棟のマンションでも階数、間取り、部屋の方位、管理状況などによって価格は変わります。
そのため不動産は一つとして同じものが存在しないので、物件毎に検討する必要があるのです。

また全体的な相場の動きもあり、取引時期によって変動すると思っていいでしょう。

一般的には「取引事例比較法」という手法で査定されることが多いようです。
同じような不動産の取引事例を比較して、取引事例の価格をベースに比較することで査定します。
時期がずれている場合、市場相場が上昇しているか下落しているかで修正するのを時点修正といい、より正確な金額をはじき出します。

査定を見た時に大体の人が「こんなに低いのか」とがっかりされるかもしれません。

なぜならマイホームの場合、楽しい思い出が詰まった思い入れのある物件を、こんなに叩き売りしなければいけないのかと思いがちです。

でも高い金額で設定した後、全く売れなければ意味がありませんね。客観的に見た査定を受け入れてみましょう。

コメントを残す